サバイバーなまいにち

がんサバイバーとして生きる∞ヲタの徒然美容日記

9月5日

 

珍しく北海道に大きな台風が来た。

無事に病院に行けるのか?なんて思いながらも朝になれば台風は過ぎた後で、母の運転のおかげでなんとか札幌の病院へ向かうことができた。

高速を降りたら信号が消えていたり街路樹が根っこから倒れていたりしたせいで渋滞していたけど。

 

今回の受診は造影剤の検査と、前回の骨の検査結果を聞くためだった。どっちも転移の確認。

 

いつもなら全然平気なのに、この日は血管に針を刺されて採血されて、ルートを取られてるうちにどんどん吐き気がして気持ち悪くなってしまって。ベッドで休ませてもらいながら検査を受けた。

 

造影剤が注入されるとこれまた気持ち悪い。吐き気がすごかった。吐き気はするけどCTを撮るから息を止めなければいけない。しんどかったー

 

検査の後、どれくらいだろう。しばらく外来のベッドで眠っていたらしい。診察の順番が来て説明を聞く。骨転移は今のところは見られないとのこと。リンパ節にある転移は経過観察。

 

薬で補ってるホルモンの数値も安定してるから次の病院は3ヶ月後でいいよ。台風来てたのによくここまで来れたね〜なんてまた他愛のない話をして診察室を出た。

 

病院のあとは、八紘学園でソフトクリームを食べて帰るのがすっかりお決まりになっていた。

 

f:id:kicyuyou:20180909142811j:image

 

よこさんくらさんが寄りかかってたやつ♡

 

台風一過というのだろうか。暑くて、カウンターで受け取った瞬間からソフトクリームは溶けていた。

 

(わりと最近まで台風一家だと思ってた。お騒がせ大家族っていう意味)

 

次の病院は11月末だから、今年の食べ納めでした。

 

帰り道はいつも高速を使わずにあちこち寄り道をする。

 

いつもの道にある信号は斜めになっていたり、街路樹が倒れていた。横断歩道の赤と青の信号はただぶら下がって、ゆらゆらしていたりした。凄まじい台風だったことがよく分かる。

 

とうきび畑は風で斜めになっていて、きっとこれは商品にならないんだろうなあ…と思うと切なくなったりもした。

 

この日は道の駅で休憩して、大きなお店に寄って母の靴を買った。

 

そうしてる間もわたしの頭のなかはあることでいっぱいだった。帰宅したら、アレをして、これをして…

 

今晩は眠れないだろうなあ。

 

そんなことを思いながら、帰路に着いた。