サバイバーなまいにち

がんサバイバーとして生きる∞ヲタの徒然美容日記

くすりに頼るのは甘えなの?

 

微量だけど、ずっと精神安定剤を飲んでいる。正式な病名はついていない。最近は漢方も追加になってしまった。とにかく息が苦しい。時々プチパニックを起こす。

 

病院を初めて受診したのは5年くらい前。

本当はもっと前から、たぶん学生だったあのときから飲んでいれば。がんばれたかもしれない。ふんばれたかもしれない。でも苦しくて、自分を守るために、逃げた。

 

もう何年も何年も何年も何年も何年も。ずっと苦しい。

 

くすりを飲んでいなければたぶん、とっくの前にしんでたと思う。くすりを飲んでたってこれを書いてる今みたいに憂鬱感がすごくてしにたくなるのに。それでもよく生きてるなあと我ながら感心する(ただ単にしぬ勇気がないだけ)

 

 

心の声の垂れ流し赤裸々日記みたいになってるけど、そんなん最初からそうだったからもう気にしないで続ける。

 

 

くすり飲んでるってだけで

 

アイツはダメなやつだ

無責任だ

仕事は任せられない

顔に生気がない

目が死んでる

やる気が感じられない

 

そう言って、サキナでお仕事をさせてもらえない時期があった。私にはやる気があった。でも受け入れてもらえなかった。

 

とあるお店に勤めたときには準社員だったわたしにパートになってほしい、そして新しく準社員を増やしたいと言った店長が居た。わたしにも生活があるからそれは困ると抵抗した。そしたら今度はエリア担当の上司が出てきた。同じことを言われた。

 

納得がいかないので辞めさせてくれと言った。

忙しくなる時期だからそれは困ると言われた。

自分を含めて、人ってつくづく自分勝手な生き物だと思う。

 

自尊心を傷付けられたというか。人として生きていくことにすっかり自信をなくし、絶望させられ続けている。

 

その次の就職先では、施設長が精神を病んで通院していたことがあるとのことで理解も得られて、職員さんみんなが申し訳ないくらい気にかけてくれた。上司や先輩にも恵まれた。

 

でも利用者さんの暴言に耐えられなくなって、1年でそこも辞めた。なんて脆いメンタル。

だけどあのままあの場所で働いていたら殺人者になっていたかもしれないからそれでよかったんだと思う。介護は精神的に病んでるひとができる仕事ではないなって思った。受け流すこと、ができないから。

 

それっきり、通院歴やくすりの話は伏せて、面接を受けるようにしている。ふつうに仕事ができると思われてるから、ふつうに仕事をする。仕事に慣れると仕事量が増える。そして辛くなって病んで辞める。その繰り返し。なんて悪循環。

 

 

 

 

くすりを飲むのは甘えだと思ってる人が世の中にはあまりにも多い。

 

たまたまあなたはなっていないだけで、次はあなたの番かもしれないのに。自分はそうならないと言い切れる自信はあるのだろうか。もし将来同じ立場になったとき、それでもあのひとたちは自分のことを棚に上げてわたしを責めるんだろうか。

 

偏見はやめてほしい。他人より脆くて傷付きやすいかもしれないけど、どの仕事も責任感とプロ意識を持ってやってきたつもり。

 

今は薬を飲んでいることは伏せて、サキナのお仕事をしている。言ったらまた、逃げてるとか甘えてるとか言われて傷付けられるのが目に見えている。

 

お客様にはそんなこと感じさせないように真心を持って、自分にできる精一杯でおもてなしさせていただいてるよ。

 

 

嫌なことが全くないわけではないサキナのお仕事。そして人間関係。

 

それでもがんばりたいと思うのは、美容法が本当に素晴らしいから。この美容法を知らないなんて損だと思う。

肌のしくみから化粧品の選び方まで教えてくれる。買っても買わなくてもお客さん。

 

たくさんのひとに知ってもらいたい。心からそう思う。キレイになりたいひとの味方に、必ずなってくれるから。

 

 

 

 

 

 

自分の価値観から外れる者を否定するひとがあまりにも多い日本。

 

生きにくくてしょうがない。

 

 

 

外国住みたいなあ〜