サバイバーなまいにち

がんサバイバーとして生きる∞ヲタの徒然美容日記

嬉しいと悲しいが同時にやってきたとき

 

もうおとといのことになるのかな。

ねるまえにTwitterを見ていたら、若手女優さんのW主演映画の話題がTLにどんぶらこ〜と流れてきた。

 

ん?と思って調べたら、横山裕の名前。主演のふたりに愛される演出家の役…?何それどこの門前さんの話?←永遠に抜け出せそうにないジレッタロス

WSの予約をしてベッドに入ったものの、すっかりテンションが上がって寝つけなかった。

 

朝。ドキドキしながらTwitterを開くと、昨晩見た夢のような話が夢ではなくて。ふわふわした気持ちになったのも束の間

 

今井翼、活動休止』

 

の文字が一緒に飛び込んできて、喜びと悲しみが一瞬で押し寄せた。なんて日だ。

 

持病の再燃。

原因不明、完治はしないメニエール病。薬で症状を和らげていくしか方法がない。

 

学生だった頃、メニエールの患者さんを受け持ったことがある。症状が落ち着いてきた頃で退院も間もなく、という方だった。

すごい目眩でぐるぐる回って。吐き気もするし、耳鳴りもするし、立ってられなくなる。わたしどうなっちゃうんだろうって、怖くなるの。入院するのは初めてじゃないのよ。

そう話してくれた覚えがある。手の打ちようがない病。動作時は転ばないように見守り、ひたすら不安の声に耳を傾けることしかできなかった。

笑顔で退院されて行かれたけど、この先もどこかにずっと不安を抱えながら生活していくことはとても辛くて切ないなって思った。

 

わたし自身では目眩や耳鳴りは軽度のものしか経験がない。目をつむって、深呼吸して、少しすれば落ち着くような。

でもメニエール病のそれは、そんなものとは比べ物にならないんだろう。どんな病もそうだけど、いくら想像してみたところでその人の辛さはそのひと自身にしか分からない。

 

 

担降りしてからもゆるゆると応援していた翼くん。

19歳で初めて遠征をしたのも、ひとり旅も、翼くんの舞台を観るためだった。苦手だった飛行機も何度か乗る機会をもらったからだいすきになれたし、ひとりで知らない街を歩くのもおっかなびっくり。でも楽しかった。

初めて行った大阪。難波から関空までの電車のなかで余韻に浸ってたらすごく泣けて。まもなく空港に着くってときに渡る橋から見た夕焼けがめちゃくちゃ綺麗で余計に泣けて。夕方だと空港までの乗客が少ないのをいいことに、グズグズ泣いたのは良い思い出。今思えばただの恥ずかしいやつだけど。

(でもこれ、去年森ノ宮からのジレッタ帰りにも同じことしてるから、やっぱりただの恥ずかしいやつ。同じく夕焼けがとても綺麗だった。あの橋から見る夕空はウソみたいに綺麗だし、橋を渡るときになると押ささる謎の涙スイッチがどこかにあるんだと思う)

 

 

4年前に発症したときも、とても心配だった。どうしてあんなに踊るのがすきで、歌のすきなひとが病気にならなくちゃいけないの。よりにもよって耳の病気…

 

あまりにも辛くて、仕事辞めようか悩んだ。でも中居くんやいろんなひとに励ましてもらったり、歌番組で相方が同期と後輩とで滝翼の曲を歌ってるのを見て頑張ろうと思った、って。

復帰してくれたときは嬉しかったし、安心した。また滝様とふたりで、トンチキ楽しい曲たくさん歌ってほしいなあ〜って思った。カウコンで年男なすばるくん、横山さん、翼くんが並んでるの見たときはときめきが止まらなかった。

(なんで袴着せてくれなかったんだよー!!!)

 

昨年からコンビでの活動休止。翼くんの体調、良くないのかな…ってちょっと心配だった。それが余計だったのかな、また再燃って。不安が不安を呼んだ…?

ショックでしかない。悲しい。舞台がふたつ決まってて、声優の仕事もしてたのに。(声、かっこいいもんね)

 

to baseが、予告もなく終わってしまったことがショック。前は滝様が代打をしてくれてたから今回もそうなんだと思ってたけど、違った。終わっちゃうんだって。

ひなちゃんの卒業は時間をかけて覚悟を決めさせてくれたけど、to base まで終わっちゃうなんて…

野球好き、ハマっ子にしか分からないようなマニアックさ、ごうくん愛を語り出したら止まらないラジオ。また声が最高にかっこいい。やかましいよこひなのレコメン(笑)の合間にほっと一息のんびりした時間。だいすきだった to base が…終わっちゃった。

 

横山さんのおかげでわたしもやっと先週レコメンは卒業できた。でもto baseまで終わるなんて…まだ信じられない。

 

わたしの青春を支えてくれた、よこやまさん、ひなちゃん、翼くんのラジオが終わってしまった。図らずも世代交代…わたしも強く成長しなければいけないときなのかもしれない。いやそうだよな、このままで居て良いわけないんだよアラサー。

 

さみしさや悲しさはとてつもなく大きい。でも今は、翼くんの一日も早い復帰を願うばかり。わたしが悲しんだところでなにも変わらない。ただひたすらに願う。

 

悲しいとか辛いの感情はまたそれと同じような出来事を引き寄せちゃうから。それなら嬉しい、楽しいにフォーカスして同じく嬉しい楽しいを引き寄せた方が絶対良いに決まってる。

 

だから横山さんの映画出演、素直に喜ぶ。嬉しい。本当に嬉しい。また横山さんのお芝居が見れる。嬉しい。演技のお仕事も音楽面でも、年を重ねるごとにどんどん魅力的に花咲かせてる横山さん。かっこいい。

 

わたしのすきなひとたちは、つらいことがあってもいつでも格好良く在り続けてくれる。それは普通のひとにはできないことだと思う。彼らはたくさんの夢を見せてくれる。でも夢を夢で終わらせない。見たことのない景色を見せてくれる。だから惹かれるの。

 

オチが分からなくなってきたから、滝様。36歳おめでとうございました。滝様にとってもつらいお知らせだったと思うけど、滝翼にはたくさんのあたたかいひとがついてる。だからいまは翼くんの分まで笑っていてください。

 

そしてマリちゃん〜!18歳おめでとう〜!

今年も一緒に年を重ねられて嬉しいです。先日のライブでは大きくなったマリちゃんが長い手足でとても優雅なダンスをするひとだって分かりました。これからますますすてきに輝いていってください〜!

 

 

ひなちゃんが言った『木曜日は人生でしたから』

 

わたしにとっても木曜日は人生でした。

これからも木曜日はきっとずっと特別なままです。本当にお疲れさまでした。

29歳の初日から、眠れない夜をありがとうございました。